横浜市の火葬場5選
【2022年10月最新版】

横浜市南部斎場 横浜市の火葬場

横浜市内の5つの火葬場の費用や利用方法についてご紹介します。

火葬場の混雑が問題となっている横浜市でなるべく早く火葬を行う方法や、それぞれの火葬場のメリットとデメリットについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

横浜市の火葬場事情

現在横浜市には、公営4つ、民営1つの5つの火葬場があります。

横浜市の公営火葬場

市内の公営火葬場は、

  • 横浜市北部斎場(緑区)
  • 横浜市南部斎場(金沢区)
  • 横浜市戸塚斎場(戸塚区)
  • 久保山斎場(西区)

の4斎場です。

公営火葬場の場合、それぞれの火葬料金は同一ですが、
利用者が横浜市民かそれ以外の方かで費用が異なります

4斎場とも併設(久保山斎場は隣接)の式場があるため、火葬〜通夜・告別式を移動なく行うことができ便利です。

ほとんどの斎場で5日〜最大1週間程度の待ち期間が発生しており、
特に11時〜14時は非常に混雑しています。

※2022年10月1日〜11月30日まで、駐車場整備のため久保山霊堂が全館休館中です。

横浜市の公営火葬場の利用料金は下記です。

区分横浜市内横浜市外
10歳以上12,000円50,000円
10歳未満8,000円34,000円
死胎児2,400円10,000円
人体の一部2,400円10,000円
横浜市の火葬料金

横浜市の民営火葬場

横浜市の民営火葬場は1ヶ所のみで、神奈川区の西寺尾火葬場です。

西寺尾火葬場にも併設の式場があり、通夜・告別式を行うことができます

火葬炉が2つと限られているため、こちらも公営火葬場同様混雑する状況が続いています

また、西寺尾会堂の火葬料金は下記です。

施設名7歳以上7歳未満
火葬場(最上等)56,000円38,000円
火葬場(特別最上等)85,000円70,000円
西寺尾会堂の火葬料金

火葬までの日程を早くする方法

横浜市の全火葬場で待ち期間がありますが、
いくつかの点に注意することで火葬までの日程が短くなる可能性があります。

①地域密着の葬儀社に相談する

地域密着の葬儀社は、横浜市の火葬場の混雑状況を把握しています。

最寄りの火葬場が使えない場合であっても、負担のない範囲内で代わりの火葬場を提案してくれる可能性があります。

適切な安置施設の提案なども可能なことが多いため、早めの日程を希望する場合には葬儀社に相談することをおすすめします。

②混雑する日程・時間帯を避ける

横浜市の火葬場では、お昼の時間帯が特に混雑しています。

また、休館日である友引の前後も予約が混雑しがちです。

こうした日程や時間帯を避けることで予約が早まる場合があるため、
葬儀社に希望を伝えてみましょう。

横浜市の火葬場5選

横浜市の5つの火葬場について、アクセスやメリット・デメリットをご紹介します。

横浜市北部斎場

横浜市北部斎場は緑区にあり、市内で最大規模の葬儀場です。
大式場を利用できるため、公営斎場で大規模な葬儀を行いたい場合におすすめの斎場です。

所在地神奈川県横浜市緑区長津田町5125-1
アクセスJR「十日市場駅」バス10分
施設概要火葬場併設・葬祭ホール4室
駐車場最大180台
売店あり(喫茶コーナーあり)
備考バリアフリー対応・全宗派対応可能
横浜市北部斎場の概要

北部斎場のメリット・デメリット

北部斎場を利用するメリットとしては、

・火葬のみでも駐車場が利用できる
・式場や控室が広い
・親族控室にお風呂がある

といった点です。

デメリットとしては、

・携帯の電波が入りにくい
・出棺時に式場から荷物を出す必要がある

といった点があります。

横浜市南部斎場

横浜市南部斎場は金沢区の斎場です。
家族葬にも対応しています。

所在地神奈川県横浜市金沢区みず木町1番地
アクセス神奈川中央交通バス「隧道東口」 徒歩10分
施設概要葬祭ホール2室、火葬炉10炉、休憩室7室
駐車場最大74台
売店あり
備考バリアフリー対応・全宗派対応可能
横浜市南部斎場

南部斎場のメリット・デメリット

南部斎場を利用するメリットとしては、

・1葬家ごとに階が違うため気を使わない
・駐車場に台数制限がない(一般葬のみ)
・受付が式場入口で分かりやすい

といった点があります。

反対にデメリットは、

・待合スペースが分かりにくい
・エレベーターの場所が分かりにくい

という点です。会葬者が多い場合は事前に案内してあげると良いでしょう。

久保山霊堂

久保山斎場は横浜市西区の火葬場です。
式場(久保山霊堂)が併設されており、
家族葬から一般葬まで幅広く対応しています。

所在地神奈川県横浜市西区元久保町1-1
アクセスJR横須賀線「保土ヶ谷駅」 バス12分
施設概要火葬場近接、葬祭ホール2室
駐車場最大35台
売店なし(近隣のコンビニを利用)
備考バリアフリー対応・全宗派対応可能
久保山霊堂概要

久保山霊堂のメリット・デメリット

久保山霊堂のメリットは、

  • バリアフリーに対応なので安心
  • 利用料を安価に抑えることができる

という点です。

デメリットとしては、

  • 駐車スペースに制限がある
  • 待合スペースがあまりない

といった点になります。

久保山霊堂は11月末まで工事中で休館しているため注意しましょう。

横浜市戸塚斎場

横浜市戸塚斎場は戸塚区の公営斎場です。

2室の葬祭ホールがあり、市内で唯一ペットの火葬を行うことができます。

所在地神奈川県横浜市戸塚区鳥が丘10-5
アクセス市営地下鉄「踊場駅」 徒歩15分
施設概要火葬場隣接、葬祭ホール2室
駐車場最大50台程度
売店あり
備考ペット火葬対応・全宗派対応可能
横浜市戸塚斎場概要

横浜市戸塚斎場のメリット・デメリット

戸塚斎場を利用するメリットとしては、

  • 一葬家ごとの式場になっている
  • 式場入口に受付があり分かりやすい
  • お手洗いが式場ロビー内にある

といった点です。

反対にデメリットは、

  • 案内の看板設置が必須
  • エレベーターの場所が分かりにくい

という点です。

西寺尾会堂

西寺尾会堂は神奈川区の民間斎場です。

公営斎場と費用は異なりますが、
こちらも同じ敷地内で火葬から通夜・告別式まで行うことができます。

所在地横浜市神奈川区松見町2-418
アクセスJR横浜線「大口駅西口」徒歩15分
東急東横線「妙蓮寺駅」徒歩10分
施設火葬場隣接・休憩室あり
駐車場最大20台
売店あり(休憩棟内)
備考全宗派対応可能・宿泊不可
西寺尾会堂概要

西寺尾会堂のメリット・デメリット

西寺尾会堂を利用するメリットは、

  • 最寄駅から比較的近い
  • 駐車場が利用できる

といった点です。

デメリットとしては、

  • 通夜の際に宿泊ができない
  • 公営斎場より費用が高い

という点です。

公営斎場に空きがない場合、西寺尾会堂の利用を検討しましょう。

まとめ

横浜市内の5つの火葬場をご紹介しました。

横浜市ではどの火葬場も待ち期間がある状況です。葬儀を急ぐ場合は安置や利用する斎場について葬儀社に相談してみてください。

タイトルとURLをコピーしました